大学で出された「長寿社会における還暦ギフト」の課題について

arabia04

大学時代は社会学部にいましたが、その授業の1つで地域社会に関する授業がありました。コミュニティの成り立ちや過疎化や限界集落について授業が行われましたが、大学のレポートで「還暦」をテーマにした課題が出されました。還暦とはそもそもどういう理由で行われたのか、最近ではどのようにお祝いされるのかなど、教授から様々な切り口が提供され、それに基づいてレポートを作成していきました。

還暦は、十干十二支が一回りしたことをお祝いするもので、平均寿命が今みたいに長くない時に長寿の祝いとして行われました。ちなみに30歳では半還暦、120歳では大還暦と言うそうで、調べていて初めて気がつきました。還暦でなぜ赤いものが使われるのかもこの時初めて知りました。元々魔よけの意味で赤ちゃんに赤いものを着させていたため、干支が一回りし、生まれた時に戻るということで赤いものが使われるようになったそうです。還暦にも1つ1つ意味が込められていたんだなと、漠然としか知らなかったので衝撃を覚えました。

調べていて、私がびっくりしたのは日本以外でも還暦を祝う習慣があることです。元々の還暦の起源である中国やお隣の韓国では当たり前だろうと思っていましたが、アメリカやイギリスでもこのような文化はあるようです。アメリカの場合は60年生まれたことを記念してダイヤモンドを送る習慣があります。また、アメリカ、イギリス、オランダなどでは50歳から10年おきに長寿をお祝いするパーティーが行われます。ただ、本当に驚く事はアラブにも還暦を祝う習慣があったことです。考えてみれば、長寿を祝うことに関してはどこの国でも行われているんだなと当時の自分でもすぐにわかりました。

日本は世界の長寿国として、平均寿命のランキングはもちろん、最も長く生きる長寿記録などにも日本人がたびたび取りざたされます。長寿であればあるほど、還暦や古希や喜寿などの年になってもすごいことだとは思えなくなっています。年金受給年齢も上がり、定年が65歳になるところが出てくるなど、1つの区切りであった還暦が区切りでなくなっている現状があります。しかし、60年無事に生きることはそう簡単なことではありません。身体を壊すことなく、ここまで生きてきたということに若い人たちはもっと敬意を持たなければなりません。レポートを書いていて思ったのは、私の祖父母が古希や喜寿、傘寿になっても特にお祝いもしてこなかった自分に対する恥ずかしさです。それだけではありません。地域には多くのお年寄りがいます。そのお年寄りも色んな苦難を乗り越えて、長生きをされています。そのことに関して尊敬の念を持つ機会は果たしてあるのだろうかと考えた時、地域全体でそういう機会を作るべきだと感じました。

最も大切なことは、学生自らで長寿を敬う社会を創ることです。仕事や育児などをしていくと自分の親の苦労や辛さなどが身をもってわかり、感謝をするようになりますが、学生の段階ではお年玉やおこづかいをもらえる存在程度の認識しかない人も大勢います。お年寄りや親世代の年金を支えるのは若い世代と言われていますが、今までの日本を支えてきた人を私たちが支えるのは当然だという意識が希薄となり、被害者意識しか持てずにいて結果的に年金加入率が下がっているのは、常日頃からお年寄りに対する敬意が低いことにあると言えます。学生の時から長寿を敬う社会を創ることは大切なことです。今日の私たちがいるのは、一生懸命働いてきた年配者の皆さんのおかげです。少しでも感謝を表現していくたびに、お年寄りを敬う気持ちを常に持ち、困ったことがあればなんでもやるような気持ちの大切さを、レポートを書いていく上で発見しました。

2010-2011クウェート大学留学生募集要項が出ました!

univercity

クウェート政府で2010-2011年度奨学金留学生募集要項が出ました。以前からとても中近東の大学の講義に興味を持っていましたので、覚え書として、下記にその内容を記述しておきます。

クウェート政府は、クウェート大学でアラビア語を専攻する奨学金留学生を世界各国から募集し、日本からは5名募集する。応募を希望する者は、添付の英文募集要項を参照の上、必要事項を下記提出先へ提出すること。

1.専攻分野アラビア語

2.受入機関クウェート大学ランゲージセンター

3.給付期間:2010年10月~2011年8月

4.待遇
(1)奨学金:月額100KD(クウェート・ディナール)※2010年4月現在、約3万2千円
(2)生活費一部補助(教科書、服代):50KD(同約1万6千円)※各学期始めに支給される。
(3)往復の渡航旅費
(4)授業料免除
(5)宿舎費免(入寮時のみ10クウェート・ディナール要)
(6)食事支給

5.応募資格
(1)日本国籍を有する者
(2)高等学校卒業以上の学歴を有する30歳以下の者(2010年10月1日現在)
(3)健康な者
(4)日常会話程度の英会話能力のある者

6.出願手続
(1)出願書類:別記出願書類一覧参照。出願書(所定用紙)は、別添の英文募集要項にあるものをダウンロードして使用すること。
(2)願書提出先:Embassy of JAPAN(Attn:Mr. Takehito INABA)
Mishref 7A, Diplematic aArea, Plot 57
※封筒の表に「クウェート政府奨学金応募書類在中」と朱書きすること
※郵便事情が悪いため、普通郵便やEMSなどは極力避け、DHL等の国際宅配便を利用すること。
※応募書類を在クウェート日本大使館へ送付した際には、必ず大使館担当者宛に電子メールで報告すること。その際、必ず「応募フォーム」(別添参照)を記入の上、添付すること。応募書類の到着および応募フォームの着信を以って、出願の完了とみなされる。
(3)願書受付期間:2010年6月1日(火)~7月8日(木)現地必着

7.選考および決定
本奨学金留学生の選考及び最終決定はクウェート政府が行い、7月25日(月)までに在クウェート日本国大使館からメールで通知される(ただし、合格者のみ!)。

8.留意事項
(1)奨学金に関する問い合わせは、在クウェート日本国大使館に行うこと。
※在クウェート日本国大使館HPに留学体験記が掲載されているので、そちらもあわせて参考にすること。
(2)合格者は渡航前に国立系の病院(私立病院不可)にて、健康診断(HIV、B型・C型肝炎、結核の検査項目を含む)を受けること。健康診断結果は、英文で発行してもらい、外務省で公印確認(郵送可、手数料無料)を受けた後、在日クウェート国大使館で認証(郵送可、手数料無料)を受けること。詳細は在クウェート日本国大使館から合格者に連絡。
(3)合格者は渡航前に犯罪経歴証明書に関し、住民票の届出をしている都道府県警察本部へ問い合わせの上、同証明書を取得し、外務省で公印確認(郵送可、手数料無料)を受けた後、在日クウェート国大使館で認証(郵送可、手数料無料)を受けること。詳細は在クウェート日本国大使館から合格者に連絡。
(4)入学時期は2010年10月予定。
(5)すべての奨学生は大学寮に入寮する。
女子寮については門限(2010年4月現在、21時半)があり、また、基本的に外泊も禁止されているので注意すること。
(6)原則として、学業を中断して帰国することを認めない(ただし、大学の休業中を除く)。サマーコースを含めた3コースの全過程を終了する強い意志を持った者の応募を望む。
(7)安全で有意義な留学のため、応募に際しては、必ず各自で事前にクウェート国及び周辺地域に関する治安情勢等の安全情報をはじめとした留学に関する情報収集を確実に実施したうえで応募すること。
なお、情報収集にあたっては公的な留学情報機関である「独立行政法人日本学生支援機構留学情報センター」や海外でのトラブル防止に役立つ世界各国の治安情勢や滞在中の留意点などの安全情報を提供している外務省の「海外安全相談センター」の情報提供サービスを活用すること。

・独立行政法人日本学生支援機構 留学情報センター
TEL:03-5520-6111/6161
HP:http://www.jasso.go.jp/ryugaku/

・外務省ホームページ:http://www.mofa.go.jp/mofaj/

・海外安全相談センター(外務省領事曲海外法人安全課)
〒100-8919 東京都千代田区霞ヶ関2-2-1
TEL:03-3580-3311(内線:2902、2903)
FAXサービス:0570-023300
海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/

日本でもアラビア語を習える!

arabia02

アラビア語を学んでみたいと本気で思い、いろいろ探していたところ東京に「アラブイスラーム学院」さんという学校がありました。

アラブイスラーム学院
所在地:〒106-0046 東京都港区元麻布3-4-1

【通年アラビア語クラス】
こちらの授業はすべてネイティブで、講師陣によるアラビア語で行われるそうです。初歩からはじめて2年間でアラブ諸国の中学・高校レベルの基礎的な正則アラビア語を身につけることが学習目標とのこと。
入学金・受講料は無料。
教材補助費 各学期2万5千円
※入学辞退の場合、納入済の教材補助費用は返金できないそうです。

こちらの学院は、ほかにも「アラビア書道教室」「特別・集中講座」卒業者向けの「リスニング自宅学習コース」も用意されているそうです。

学生活動も盛んで「クラブ活動」や「学生活動発表会」もあり、発表会では、数ヶ月に一度、学院生・卒業生によるアラビア語の劇・朗読・紙芝居などを発表。司会進行も学院生がアラビア語で行うといった徹底したアラビア語づくしです。昼間コース・夜間コースとある学院で在校生・卒業生を含め、外部の方々との交流の機会にもなっているそうです。

学費が無料である理由も学院さんは「サウジアラビア大使館付属の文化機関で、サウジアラビア王国から全面的な財政支援を得て運営されています。ただし、テキスト、音声教材等は日本で独自のものを作成していますので、教材補助費を各学期2万円納入いただいています。」とお答えしているので、安心して勉学できるようです。

まったくの初心者でも通えますか?の質問にも「殆どの人が当学院で初めてアラビア語を学びます。文字の書き方、発音から丁寧に学べます。ただ、アラビア語の上達のためには、早く文字を読めるようになることが重要です。こればかりは個人が覚えるかどうかにかかっていますので、入学を決めたらその日から文字を覚え始めて頂きたいと思います。」と答えてらっしゃいます。

また、学院に在籍の方は10代から80代まで、職業は大学生から会社員、主婦、研究者など、目的も趣味の方から仕事や研究に必要な方まで、バックグラウンドはさまざまです。ともありますので、社会人の方でも通えることになりますね。

地方在住のため、すぐには通えないのですが、いろいろな年齢層の方が学んでらっしゃるようなので、両親の還暦旅行は中近東と考えておりますので、それまでにはぜひ一考しておきたい学校です。

クウェート留学は大変?

クウェート留学中の、アラビア語専攻・保道晴奈さんの留学記の紹介です。

site

http://co-media.jp/why-staying-kuwait-3/

前記事で紹介したクウェート大学奨学金制度を利用して、クウェート大学ランゲージセンターでアラビア語を専攻している方の留学記録。アラビア語を習うだけで大変なのに、クウェート大学でアラビア語の中でアラビア語の授業を受けるなんて、本当にすごいと思います。

アラビア語を学ぶ際に聞いたアラビア語の背景

アラビア語を学ぶ際に一番最初に先生からお聞きしたこと。

学習用のビデオに「男性版」(男性同士の会話)と音声による「女性版」(女性同士の会話)の2種類があったので、とりあえず先生にお聞きしてみたところ、アラビア語には男女の文法性があり、相手の性別や自分の性別によって使用する語形が変わることがあるそうです。そのため、男女どちらとも会話が出来るようにと2種類用意されているのだそうです。

また、アラビア語の歴史的背景についてもお聞きしました。アラブ人はメソポタミアの古代文明以降、自らの社会を成熟させ、遊牧社会とオアシス都市のネットワークの中で言語文化を育み、長期の準備期間を経て、7世紀にはアラビア語で啓示されたクルアーン(コーラン)の教えを中核に、イスラム世界とその文化が発展しました。アラビア語は様々な言語改革を経て今の「現代標準アラビア語」(書き言葉)として発展してきました。書き言葉として学ぶ現代標準アラビア語は、広大なアラブのどこでも理解され尊敬されている言葉でもあり、発音や語形変化の骨格は、クルアーン言語と同一です。アラビア語を学ぶことは広大なアラブ・イスラム文化の世界へ、時を越えて学ぶことが出来るのです。決して特別難解な言葉ではありません。大きな文化を支えてきた言語への敬意と真摯な心であれば必ず習得できるでしょう。と教えられました。

アラブ諸国の人々はみんなアラビア語?

arabia03

アラブ諸国とは、おおまかにアラブ連盟加盟国21カ国を指します。

この中にはパレスチナを含みますが、領有権争いのある西サハラ(モロッコの南)は含みません。そしてアラブ連盟には、ジブチ、ソマリア、コモロなどの国も加盟していますが、アラビア語は実質的な主要言語ではないそうです。

アラビア語圏と隣接するイランとトルコは、同じ西アジアのイスラムの国ですが、アラブの国ではありません。イランはペルシア語の国で、インド・ヨーロッパ語族に属するので、東隣のパキスタンのウルドゥー語やインドのヒンディー語の姉妹語です。

アラブ諸国以外にも、アラビア語を用いる人々が数多くいます。トルコの小アジアの中には「言語の島」と呼ばれるアラビア語を母語とするムスリムやキリスト教徒の村落があります。また、アフリカのチャド湖周辺には、アラビア語を使用する人々もいます。

知れば知るほどアラビア語は奥が深いことがわかります。

↑ PAGE TOP